未来食つぶつぶ

Since 1982 by Yumiko  


未来食つぶつぶは、

日本の伝統の食の知恵を現代の感性で翻訳した21世紀に命をつなぐ究極のグルメ食生活です。

雑穀と野菜・海草のエネルギーを宇宙ルールで引き出し調和させた体と心と地球を元気にする食術であり、舌にも体にも心にもおいしいシンプルでスタイリッシュなグルメベジタリアンの提案です。

日本の伝統の食生活とそれを支える知恵と技の素晴らしさは目を見張るものがあります。湿度の高い気候で冷蔵庫が無くても、腐敗を防ぐだけでなく、保存しながら波動を高めてしまう夢のような食生活、それが本来の和食です。今多くの日本人が和食と思い、世界が和食と認識しているのは、特殊な貴族料理や料亭料理の延長、さらに鰹節と鶏肉と砂糖に侵略されてしまった本来の和食の姿からかけ離れてしまったものです。

本来の和食の知恵と技の「基本ルール」を活用して、現代の暮らしや感覚に合わせて創作した食スタイルが「未来食つぶつぶ」です。味わうごとに、あなたが今まで味わったことのないおいしさとともに、深い充足感が体中に満ちていきます。

創始者はつぶつぶグランマゆみこ(大谷ゆみこ)です。1982年から32年に及ぶ実践のプロセスから生まれたオリジナルレシピは3000点を超え、新作レシピも次々と生まれています。1995年に「未来食〜環境汚染時代をおいしく生き抜く〜」を出版し、「未来食セミナー」をスタートしました。

*つぶつぶ=雑穀(穀物)の愛称


つぶつぶ公式HPより抜粋